updraftplus

サイト構築

 

【バックアップ】初心者におすすめ!復元も簡単なプラグイン『UpdraftPlus』

 

基本的には、自動バックアップがあるサーバーを利用してる場合、サーバー側でバックアップを取っています。

しかし、自動バックアップの無いサーバーや、あったとしても有料バックアップのサーバーもあり、その態様はまちまちです。

ということで、大切なサイトのデータや設定などは、自分自身で定期的にバックアップしておく必要がありますが、難しかったり手間がかかったりすると、「また今度でいいか!」って後回しになってしまいますよね。

そこで、今回は、初心者におすすめ!手動で簡単スピーディに「バックアップ&復元」できるプラグイン『UpdraftPlus』を紹介します。




『UpdraftPlus』特徴は?

バックアップのプラグインは他にもありますが、『UpdraftPlus』の他に代表的なものは『BackWPup』になります。

ただ、「復元」まで考えた時には、難しい知識が不要で初心者にも手順&操作が簡単な『UpdraftPlus』がおすすめです!

といっても、『UpdraftPlus』にもデメリットがあるので、以下の2点は押さえておきましょう!

①サーバーへの負担

これは、どんなバックアップにも言えることですが、バックアップは基本的にサーバー側に取られるので、少なからずサーバーの容量を圧迫します。

なので、容量の小さいサーバーや動作の不安定なサーバーを使っている場合、ある程度の大きな規模のサイトだと、バックアップしきれなくなってしまいます。

②機能制限(有料プランあり)

『UpdraftPlus』の基本的な機能は、無料バージョンでも使えます。

ただ、自動バックアップの詳細な時間設定など、ある程度「便利」「高機能」を求めるなら、有料バージョンにする必要があります。

『UpdraftPlus』バックアップ&復元の手順

それでは、プラグイン『UpdraftPlus』を使ったWordPressのバックアップ&復元の手順を見ていきましょう。

バックアップの手順

「プラグインを追加」から『UpdraftPlus』を検索して、インストール⇒有効化しましょう。

UpdraftPlus1

「設定」の中にある『UpdraftPlus』をクリックして、『UpdraftPlus』の画面を出します。

UpdraftPlus2

そして、「Backup/Restore」のページにある「今すぐバックアップ」をクリックします。

UpdraftPlus3

すると、ポップアップが出るので、上の2項目にチェックを入れて「今すぐバックアップ」をクリックします。(3項目は必要に応じてチェック)
ポップアップの日本語は以下の通りです。

項目① データベースのバックアップを含める
項目② ファイルのバックアップを含める
項目③ バックアップを手動で削除することのみを許可する(保存期間の制限に達しても保持する)

UpdraftPlus4

これで、バックアップ完了です!

UpdraftPlus5

ちなみに、バックアップファイルをパソコンに保存する場合は、各ファイルをクリックすると各データが立ち上がるので、

UpdraftPlus6

各ファイルの「お使いのコンピューターにダウンロード」をクリックすると、パンソコンにダウンロードされます。

UpdraftPlus7""

スポンサーリンク




復元の手順

復元したいバックアップファイルの「復元」をクリックします。

UpdraftPlus8

すると、ポップアップが立ち上がるので、すべての項目にチェックを入れて「復元」をクリックします。

UpdraftPlus9

バックアップファイルの処理が完了し復元の準備が整うと、再びポップアップが立ち上がるので「復元」をクリックします。

そうすると、復元の進捗状況の画面になります。

その画面を下までスクロールして、下部に「Restore successful!」(復元成功!)と表示されていれば復元完了です。

ちなみに、バックアップファイルをパソコンに保存している場合の復元は、「Backup/Restore」ページの「バックアップ済み」の項目にある「バックアップファイルをアップロード」をクリック。

UpdraftPlus13

すると、アップロードの画面になるので、「ファイルを選択」をクリックしてパソコンに保存しているファイルをアップロードします。

UpdraftPlus14

『UpdraftPlus』まとめ

いかがでしたか?
バックアップ&復元ともに簡単ですよね!

今回は、初心者でも簡単に手動でバックアップ&復元ができるプラグインを紹介しましたが、保存先の指定や自動バックアップの細かい設定などなど、『UpdraftPlus』は便利な機能をたくさん備えています。

WEBサイトを運営していくうえで、バックアップは大切な作業ですが、初心者の人はバックアップを後回しにしてしまいがちです。

でも、データが消えた!サイトが崩れた!という目に遭遇するのは、圧倒的に知識の少ない初心者の方が多いです。

重要な作業を先送りせず、早めに大切なサイトのデータを保全しておきましょう!

スポンサーリンク

関連記事

  1. wordpress-title-tagline

    サイト構築

    【WordPressの使い方】ブログのタイトルとキャッチフレーズの設定

    ブログのタイトルは、WordPressをサーバーにインストールする時に…

  2. category_order-taxonomy-terms-order

    サイト構築

    【WordPress】カテゴリーの順番を自由に並べ替えるプラグイン

    WordPressでは、サイドバーに表示されるカテゴリーは、カテゴリー…

  3. wordpress-search-engine-index
  4. wordpress-table-of-contents

    サイト構築

    【WordPewss】記事の目次を自動生成!プラグイン『Table of Contents Plus…

    みなさんは、WEBサイトやブログに「目次」を設置されているでしょうか?…

  5. wordpress-ssl

    サイト構築

    【SSL化】データの暗号化(http⇒https)でサイトの信頼性を向上しよう

    従来の「http」は、データをそのまま送受信していますが、「https…

  6. サイト構築

    【WordPressの使い方】ウィジェットの設定(追加&設置の方法)

    WordPressは、様々な機能を持つパーツを、好みや必要に応じてサイ…

最近の記事

  1. shutterstock_573396265-bousai
  2. shutterstock_713835478-ticket-resale-law
  3. shutterstock_1115483624-Relationship
  4. shutterstock_580655965-shutterstock-use
  5. shutterstock_126336395-stock-photo-service
  6. shutterstock_570628189-copyright-watermark
  7. shutterstock_373050517-sitemap
  8. shutterstock_413924539--search-console-analytics-cooperation
  9. google-analytics-introduction
  10. google-search-console
PAGE TOP